2017/11/20

頻尿の対策「薬ではなく病院の手術で頻尿の治療をする」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

頻尿の原因は細菌性のものから非細菌性、病気が原因で頻尿の症状が出てしまうものと様々です。そのため治療法、改善策も様々です。

頻尿対策を行う場合は抗生物質や抗コリン薬によるもの、自己治療で頻尿対策を行う場合は、膀胱訓練や骨盤底筋などになります。

その他、漢方やサプリなどによる改善方法もあります。

しかし、症状が悪化している場合には、原因にあった手術が必要になります。

近年、手術の技術が進歩たことと、辛い排尿トラブルを改善したいという方が多くなり、手術を受ける方が非常に多くなっています。

今回は原因別の手術内容と、薬以外の治療法を紹介していきます。

前立腺肥大が原因の頻尿手術「経尿道的前立腺切除術(TUR-P)」

男性特有の病気である前立腺肥大症は、40代50代の方に多く見られます。

尿道の周囲に存在している前立腺は、年齢を重ねると、良性の腫瘍ができることにより肥大します。

すると尿道を圧迫してしまうため、排尿時に尿が全て出し切れない、尿に勢いがなくなるといった排尿トラブルを招きます。

前立腺肥大症による排尿トラブルは肥大した方全員に起こるわけではなく、2人に1人の確率で発症します。

この症状を放置していると尿が全く出なくなる閉尿や過活動膀胱を併発する恐れがあるため、早めの治療を心がけるとよいでしょう。

前立腺が小さかったり、尿道の圧迫が無い方は薬での服用で改善されますが、肥大が大きい方、頻尿の症状が重い方は、手術が必要になります。

経尿道的前立腺切除術(TURP)では、尿道から内視鏡を入れ、水を流しながら前立腺の中心部を削り、肥大の原因となっっている良性の腫瘍を取り除きます。

手術時間は1時間程度ですが、手術後は安静を求められます。

手術を受ける際に、事前に心得ておきたいことが2つあります。

1つめは、手術の際、尿道から内視鏡やカテーテルを挿入します。

尿道は繊細な部分なため、その影響で炎症を起こしてしまい、狭くなってしまう尿道狭窄になってしまう可能性があります。

2つ目は、静観結紮(せいかんけっさつ)をすることです。

手術後に射精した際、精液が逆流し、膀胱内に流れ、細菌感染をするのを防ぐため、経尿道的前立腺切除術と一緒に静観結紮の手術も行われます。

この手術後は、精液の精子をなくしてしまうため、不妊になってしまいます。

もし、子供を望んでいた場合、手術を考え直す必要があります。

この他にも合併症を起こす可能性がある手術だということを理解した上で手術を受けましょう。

とても心配になる内容ではありますが、手術後は、日常生活がとても快適になるほど改善効果の高い手術になります。

経尿道的前立腺切除術(TURI-P)の危険性について

経尿道的前立腺切除術(TURI-P)は、手術中に起こりうる2つの危険性があります。

一つ目は、出血、二つ目は前立腺を十分に削ろうとし穴が開く可能性になります。

それぞれの危険性について詳しく見ていきましょう。

前立腺を直接切り込んで削るための出血とは

経尿道的前立腺切除術(TURI-P)の手術は、前立腺をメスで削り取るため必ず出血が伴います。

前立腺の肥大が大きければ大きいほど出血量も多くなります。

また、手術中だけではなく、手術直後は尿と一緒に血尿として体外へカテーテルをつたいでてきます。

さらに手術後10〜20日までは出血の恐れがあるため安静が必要になります。

場合によっては再検査の可能性があります。

このように出血を伴う経尿道的前立腺切除術は、手術中に出血量が多いと輸血が必要になってきます。

出血が多いとあらかじめ予想されている状態であれば、自分の血液を採取し、手術中に自己血輸血が行われます。

前立腺を十分に削ろうとし穴が開く可能性とは

経尿道的前立腺切除術は前立腺の内側にできている良性の腫瘍を削り取ります。

その際、出血を伴うため、水を流しながら幹部が見える状態での手術になります。

腫瘍を削り取っている時に、前立腺に穴が開いてしまうとそこから、水がお腹に流れ出てしまう恐れがあります。

小さな穴の場合は経過監査になりますが、大きく穴が開いてしまった場合には、すぐに前立腺肥大症の手術を中止し、開腹により水を流し出します。

このような状態はごく稀であり、通常の手術は成功に終わります。

しかし、このような危険が伴う可能性があることは知っておいたほうが良いでしょう。

膀胱を広げる「膀胱拡大術」について

膀胱拡大術は、薬や自己治療、電気や磁気刺激法でにより十分な改善が見られなかった場合の最終手段になります。

膀胱は頻尿状態が続いたり、炎症が続くと膀胱自体の大きさが小さくなってしまうことがあります。

そのような症状を、回腸や小腸を使って膀胱そのものを大きくし、尿量を増やす改善策になります。

膀胱拡大術は心身ともに負荷がかかるくらい大きな手術になり、術後は、自己導尿といって自分で尿を排出しなければなりません。

そのためあまりこの手術を受ける方は少ないです。

電気・磁気刺激による治療法について

この治療法はメスも薬も一切使わない治療法になります。

頻尿や過活動膀胱により切迫性尿失禁の頻度が高い方は、排尿をコントロールする神経に異常が生じているます。

この神経の働きを高めるために、骨盤底内の膀胱や尿道に電気や磁気をあて、刺激をあたえます。

これらの方法は、海外では広く認識されているものの、日本では正式に認可されていません。

そのため、薬での治療に十分な効果が得られない場合に行われることが多く、治療を受けられる医療施設に限りがあります。

この治療を行っている病院は下記の通りになります。

また、治療を受ける際、機械が大型になるので定期的な通院が必要になります。

注意しなくてはいけないのは、磁気や電気が体内に流れるため、人口骨頭やペースメーカーを入れている方は治療することができません。

また、電気刺激を行うと治療直後から数日の間、膀胱や尿道の神経が活性化することで症状の改善は見られますが、一時的なものであり、完治率は高いとは言えません。

頻尿の対策「薬ではなく手術で排尿トラブルを改善する」のまとめ

頻尿対策には、薬、漢方、サプリ、自己治療、手術、磁気・電気刺激法など原因によって様々です。

頻尿の症状が悪化してしまった場合、薬での完治は難しく、手術での治療になります。

男性は、前立腺肥大による頻尿の症状が悪化してしまった場合に前立腺を内側から削る経尿道的前立腺切除術(TURI-P)が最も効果のある治療法です。

また、膀胱の容量が小さいために起こる頻尿対策として膀胱拡大切除術がありますが、心身ともにとても大変な手術となるため、最終手段の改善法とされています。

手術の他にも、切迫性尿失禁で悩んでいる方は電気・磁気刺激法による短時間で体への負担も少ない治療もあります。

しかし、この治療法は受けられる医療施設が少ないのが難点です。

なるべく薬や漢方、サプリでの治療ができる初期段階のうちに症状に気づくことが大切です。

頻尿(夜間頻尿)の原因と症状について

頻尿(夜間頻尿)の原因は様々であり、その症状も様々です。

頻尿(夜間頻尿)について、詳しくは以下でお話させていただいております。

頻尿の原因となる病気の原因と症状

頻尿の原因となる病気は様々です。

頻尿の原因として多い病気の原因と症状について、詳しくは以下でお話させていただいております。

この記事を書いている人 - WRITER -