2017/11/20

膀胱炎の症状・原因「血尿症状もある膀胱炎の薬・市販薬での治し方」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

今回は頻尿の原因の一つである「膀胱炎」についてお話したいと思います。

膀胱炎の症状

トイレの回数が増えた、排尿時に痛みを感じる、尿が濁っている、残尿感がある、下腹部や腰が痛いといった頻尿の症状がある方は膀胱炎の可能性があります。

膀胱炎は症状により大きく分けて「急性膀胱炎」「慢性膀胱炎」「出血性膀胱炎」「間質性膀胱炎」4つに分類できます。

※腎盂腎炎(じんうじんえん)を併発する恐れもあり

急性膀胱炎(きゅうせいぼうこうえん)

急性膀胱炎は細菌が原因の膀胱炎の中でも若い女性が多く発症しています。

軽度であれば、残尿感やトイレの回数が増えたといった症状ですが、重度になってくると血がはっきりと混ざった尿だったり、排尿痛と共に強い腰痛を感じます。

慢性膀胱炎(まんせいぼうこうえん)

慢性膀胱炎は、細菌による膀胱炎がなかなか完治しない病気のことです。

膀胱炎が長時間炎症を起こしている状態な為、症状は緩く、気付いたら慢性化しています。

出血性膀胱炎(しゅっけつせいぼうこうえん)

次に出血性膀胱炎です。

この膀胱炎は頻尿の摂受おの他に特長として肉眼で見えるほど尿に血が混じっています。

症状が重くなると血の塊が混ざっているケースもあります。

子供にも発症することがあり、親が気付けなかった場合に発見が遅れてしまうこともあります。

頻尿の症状が出ているお子さんはこまめに尿の確認を行ってください。

間質性膀胱炎(かんしつせいぼうこうえん)

膀胱の痛み、頻尿の症状が続き、病院で検査を受けた結果、膀胱炎の原因である細菌が検出されないと間質性膀胱炎と診断されます。

この膀胱炎は排尿時の痛みよりも、尿を我慢している時の方が辛いのが特長です。急な尿意も伴うため、悪化すると失禁してしまう可能性があります。

腎盂腎炎(じんうじんえん)

また、膀胱炎になると腎盂腎炎を併発する恐れがあります。

膀胱炎の症状に加え、背中が痛む、腰痛、高熱、嘔吐、わき、腎臓辺りが痛むといったことがある場合、腎盂腎炎が発症している可能性が高いです。

腎臓の弁と尿管の弁のがうまく働かず、膀胱まで来ていた細菌が腎臓にまで逆流してきてしまう病気です。

20代〜40代の女性に多く見られる病気です。

膀胱炎の原因

膀胱に大腸菌などの細菌が侵入し膀胱が炎症を起こしてしまうことを膀胱炎といいます。

通常、人は細菌から体を守るように作られています。しかし、風邪やストレスなどで免疫が落ちると細菌への抵抗力も下がり侵入しやすくなってしまいます。

また、性行為などで侵入することもあります。女性の場合、生理などでナプキンを取り替えないなど不衛生な環境が陰部に続くと菌が繁殖し、尿道へ入り込みます。

尿道から侵入してきた細菌は増殖を抑えられず、膀胱の粘膜までたどり着いて炎症を起こします。

男性は尿道が女性よりも長く、尿道にいる間に細菌を尿で排出することができますが、女性は尿道と膀胱の距離が近いので細菌がすぐに入り込んでしまいます。

男性よりも女性の方が膀胱炎になる確率が高いのはこの為です。

急性、慢性の膀胱炎の源である細菌には、大腸菌、ブドウ球菌、プロテウス、肺炎桿菌属(はいえんかんきんぞく)、腸球金属(ちょうきゅうきんぞく)などがあります。急性膀胱炎の場合、70〜95%の割合で大腸菌が原因菌です。

トイレを長時間我慢していたり、何度も我慢すると膀胱内への血流が悪くなり、抵抗力が悪くなり菌が繁殖しやすくなります。

間質性膀胱炎の場合、頻尿の症状はあるにもかかわらず、膀胱炎の原因である細菌は検出されません。

未だに原因不明とされている膀胱炎の一つです。

腎盂腎炎は、膀胱から腎盂まで細菌が逆流し炎症を起こし、頻尿の症状がでます。

膀胱炎の薬での治し方

急性膀胱炎、慢性膀胱炎の場合、細菌が原因となっているため、抗生物質の服用により治ります。

急性膀胱炎の症状が出た方の26%は、自然治療するといわれいますが、薬の服用で短期間で治すことができます。

日本では薬剤の使用制度があり、膀胱炎に一番効くと言われているST合剤やサルファ剤の薬剤の使用は難しい為、新経口セフェム系薬やニューキノロン系薬などといった薬を処方してくれる病院もあります。

薬の服用だけでなく、日頃から水分を多めに摂取し、トイレの回数を増やすことで尿道や膀胱炎にいる細菌を尿で洗い流すことができます。

この時注意していただきたいのが、体を冷やさないようになるべく摂取する水分は暖かいも、もしくは常温のものにすることです。

体が冷え、血流が悪くなると膀胱に負担かかり菌への抵抗力が弱まってしまいます。

また、カフェインやアルコールなどは膀胱に刺激が強い為、控えましょう。

膀胱炎による血尿

膀胱炎が悪化すると血尿がでます。

血尿とは、尿に血が混じっている状態で、薄く色づいているものから、はっきりと血がわかるものまで人それぞれです。

尿は腎臓で作られ、膀胱、尿道を通り排出されます。そのため、尿が作られてから排尿される間のどこかの臓器で炎症などが起こり血が混ざっていると言えます。

膀胱炎による尿の場合、細菌感染により炎症した膀胱の内側の粘膜が傷つき、出血し、尿と混ざり排尿されます。

粘膜が傷つくぐらい重度な炎症をおこしているため血尿が出た時点で急いで病院を受診しましょう。

血尿が出る病気で一番多いと言われているのが膀胱炎です。

大人のみならず、小さいお子さんも血尿が出る可能性が高い為、頻尿の症状がでているお子さんは特に注意して尿を確認してください。

体の臓器も大人ほど発達していないため、発見が少しでも遅れるとどんどん進行し、他の病気との合併症を起こすことがあります。

膀胱炎は何科・病院での検査方法

膀胱炎の症状が出た際、受診していただきたいのは第一に泌尿器科、婦人科、内科となります。

泌尿器科は、出血性膀胱炎や、慢性膀胱炎など専門的に見てもらえます。更に、頻尿の悩みの相談もできます。

特に間質性膀胱炎などは専門的でない病院で受診すると改めて泌尿器科を紹介されるケースがあるため、なるべく泌尿器科のある病院での受診をお勧めします。

膀胱炎の症状が出ているお子さんに関しては小児泌尿器科をご利用ください。

認定専門医が詳しく記載されているサイトがあるので参考にしてみてください。

病院での流れとしてまずは問診、もしくは尿の摂取にます。

尿の摂取は通常尿検査と呼ばれるもので、トイレで紙コップに排尿し、提出します。

近年は尿検査が増えてきていますが、まれに尿道から管を入れ尿を採取する病院もある為、あらかじめ確認しておくと良いかもしれません。

尿検査により、膀胱炎の種類が分かります。

尿の中に白血球や細菌が見つかれば急性膀胱炎と診断されます。

また、問診の際、腎盂腎炎の疑いがある方は尿検査と同時に血液検査も行います。

間質性膀胱炎の症状「検査で異常がない場合」

尿検査で尿の中から細菌が検出されなかった場合、間質性膀胱炎の疑いがでるため、さらに詳しく検査をします。

この検査を膀胱鏡検査といい、なぜ膀胱炎の方な症状が起こってしまっているのが、原因を探ります。

この検査を受けるには入院が必要になります。

しかし、専門的な病院でない場合、間質性膀胱炎と診断し、原因不明のまま抗アレルギー薬などで治療が終わってしまうことがあります。

また、間質性膀胱炎の治療には保険が対応しないものが多く、十分に対応してもらえないケースもあります。

原因不明ではありますが、親身になって相談を聞いていもらえる自分にあった専門医を探すことが一番の治療です。

間質性膀胱炎の症状は排尿時よりも、尿を我慢している時に痛みがあります。

中には歩けないほど、の強い痛みを起こすことがあり、日常生活に支障をきたします。

間質性膀胱炎は過活動膀胱と症状が似ていますが、過活動膀胱は排尿をすっきりします。

間質性膀胱炎の場合は、排尿後すっきりしないのが違いと言えます。

自分でできる改善法、治療法として、ツボ押しや、お灸や軽い運動などで血流を良くし、身体をリラッスクさせることは非常に効果的といえます。

膀胱炎の治療後の予防

膀胱炎の治療を終えた後に日々の生活を意識して過ごすことにより再発を防ぐことができます。

まず、大前提に尿道から細菌を入れないことです。

そのためには、排尿、排便後、大腸菌が入らないよう前から後ろに向けて拭くことを意識しましょう。

大腸菌が入ってしまうのは排便後の可能性が非常に高いです。

また、ウォシュレットが清潔でない場合そこから雑菌が入り込むことがあるため、こまめに掃除しましょう。女性の場合、生理中は要注意です。

ナプキンを頻繁に変え陰部を清潔に保つことを心がけましょう。しかし、ビデの使いすぎは逆効果になるため避けましょう。

また、日頃から水分を多めに摂取し、トイレの回数を増やすことで尿道や膀胱炎にいる細菌を尿で洗い流すことができます。1日に数回しかトイレへ行かない方は膀胱炎になる確率が上がります。

この時注意していただきたいのが、体を冷やさないようになるべく摂取する水分は暖かいも、もしくは常温のものにすることです。

欧米ではクランベリージュースやパイナップルジュース、ヨーグルトなどが膀胱炎の予防に良いと言われています。

体が冷え、血流が悪くなると膀胱に負担かかり菌への抵抗力が弱まってしまいます。

また、カフェインやアルコールなどは膀胱に刺激が強い為、控えましょう。

トイレは早め早めを意識し、我慢は禁物です。

会議などでトイレへ行けないことが予測される場合は事前に済ませておきましょう。

性行為のある方は、必ず性行為の後は早めにトイレへいくか、シャワーを浴びましょう。

性行為の際に尿道から細菌が入る可能性があります。

尿道細菌が入り込んでもすぐに尿で洗い流したり、シャワーで陰部を優しく洗うことにより侵入を防げます。

風邪やストレスなどで体力が落ちると、菌に対しての抵抗力が弱まります。

そのため、細菌が入りやすく、繁殖しやすい状態を自ら作ってしまっています。風邪予防は膀胱炎予防にもつながります。

また、ストレスや疲れを感じたら無理をしすぎず、カウンセリングを受けたり、休みを取りましょう。

膀胱炎の原因と症状・薬のまとめ

女性が一生のうちに一度はなるといわれている膀胱炎。

大腸菌やブドウ球菌などが尿道から入り込み、膀胱内で炎症が起きることを膀胱炎と言います。

男性よりも女性が膀胱炎になる確率が高いのは尿道と膀胱の距離が短いためです。

症状としてはイレの回数が増えたり、残尿感、排尿痛などの頻尿です。

また、症状が悪化すると老若男女関係なく血尿がでます。ここまでくると膀胱の内部が傷を負っているため早めに病院へ行きましょう。

膀胱炎は急性膀胱炎、慢性膀胱炎、出血性膀胱炎、間質性膀胱炎の4つに分かれます。

急性、慢性の膀胱炎である場合、細菌が原因とされていますが、間質性膀胱炎の場合、原因が未だに特定されていません。

そのため治療が長引くことがありますが、医師と相談し、リラッスクして進めていくことが大切です。

細菌性の膀胱炎の場合、抗生物質の服用で短期間に治療することは可能ですが、慢性の場合完治が難しいとされています。

膀胱炎を繰り返さず、ならないためにも、日頃から予防をしっかりとしていきましょう。

膀胱炎の症状を放置しておくと不妊や腎盂腎炎になる可能性があります。

何か少しでも違和感を感じたら、すぐに泌尿器科を受診することをお勧めします。

頻尿(夜間頻尿)の原因と症状について

頻尿(夜間頻尿)の原因は様々であり、その症状も様々です。

頻尿(夜間頻尿)について、詳しくは以下でお話させていただいております。

頻尿の原因となる病気の原因と症状

頻尿の原因となる病気は様々です。

頻尿の原因として多い病気の原因と症状について、詳しくは以下でお話させていただいております。

この記事を書いている人 - WRITER -